アレルギー性鼻炎の症状はレーザー照射や粘膜切除で|ムズ鼻おさらば

アレルギー性鼻炎の対策

鼻炎が辛い

アレルギー性鼻炎とは、鼻過敏症と呼ぶこともあり、主な症状は、くしゃみ、鼻水、鼻詰まりで、朝夕に症状が出ることが多いようです。 これは、自律神経のバランスが深く関わるためです。 体は本来、体に異物が入ろうとした時に体が抗体をつくり、再度同じ異物が入ろうとした時に、抗体が異物に攻撃するのです。 しかし、それが体に不利に反応することがアレルギーです。 アレルギー性鼻炎の原因としては、ハウスダストや花粉、カビが主な原因です。 花粉症も、スギやヒノキの花粉を吸って起こすアレルギーであり、アレルギー性鼻炎のひとつです。 アレルギー性鼻炎は、成長とともに症状が軽くなるという可能性は低く、 症状が残るケースが多いようです。

アレルギー性鼻炎の症状は、主にくしゃみや鼻水、鼻詰まりです。 これらの対処法としては、薬での治療です。 飲み薬と点鼻薬がある抗アレルギー剤、炎症を抑えるステロイド剤、ヒスタミンの働きを抑える抗ヒスタミン剤、鼻詰まりを解消させる抗血管収縮性点鼻薬などです。 まずは少量から始めて、症状をみながら少しずつ量を増やして治療することが多いようです。 また、薬での治療をしながら、生活の様式や食事を改めることで、症状が軽くなることもあるようです。 まず、室内は清潔に保ち、乾燥しないように注意を払うことです。 犬や猫の毛やダニも、アレルギーの原因になることもあるので、 ペットを飼う場合は、屋外が良いです。 食事面では、少なくなりがちな野菜を積極的に取り入れ、バランスの良い食事をすることです。 食品添加物にも気をつけることも重要です。 まずは生活面や食事を改め、上手に薬を取り入れて治療していくことが大事です。